report

【鎌ケ谷市議会報告】2019年12月 東京10号線延伸新線跡地の土地活用

どうなる?新鎌ケ谷。新京成高架のその後…!

どうなる?新鎌ヶ谷。新京成高架のその後…!

新鎌ヶ谷駅から北初富駅にかけての主要事業を上空からの写真にまとめました。

黄色:北初富駅前広場
広場の設計計画を作成したが、警察の認可が下りず、再検討中

水色:市街化調整区域
北千葉道路完成後はさらに土地活用の重要度が高まる。

橙色:新鎌ヶ谷駅前
土地活用は県に委ねる形に。南北自由通路設置については協議中。

緑色:新京成線の跡地
緑道として整備予定。駅近の好立地にも、商業施設などは建たず。

とくの涼 2019年12月 鎌ケ谷市議会報告

北千葉道路完成予定、現段階では未定

事業化を目前に控えた北千葉道路。完成すれば、これまで鎌ケ谷市街を通っていた車が減少し、渋滞緩和が期待されています。ただし、その完成予定は現段階では未定。周辺の整備計画は来年から作成を開始するとしています。

しかし、のんびりはしていられません。北千葉道路完成後は、多くの車が鎌ケ谷を通ることになりますが、沿道の開発に取り組まなければ、ただ通過するだけの地域になってしまいます。また、周辺市道の整備が間に合わなければ、船橋我孫子線が途切れるなど市の分断も問題となります。

北千葉道路完成を市の利益に最大限つなげられるよう、早め早めの計画が重要だと考えます。また、市民の皆様から要望が多かったため、船橋我孫子線における歩行者の横断通路の確保が検討されています。このように市に対して意見を届けていくことも大切だと思います。

新京成線の跡地は緑道に

新鎌ヶ谷駅から北初富駅にかけて新京成線の跡地と過去に計画されていた北千葉鉄道の跡地があります。新京成高架完了に伴いその今後が注目されますが、緑道として整備することが決定しています。

鎌ケ谷でもトップレベルに資産価値の高い土地であるにもかかわらず、商業施設一つ建たず、単なる緑道となってしまうようです。

私は、緑道として緑を基調としつつ、飲食店や商業施設があった方が市民の皆様が楽しめる、にぎわいのある新鎌ケ谷になると考えています。新鎌ケ谷の街づくりを大きく左右する土地なので、活用法については、もっとアイデアを募っていくべきです。引き続き要望してまいります。

新京成各駅の今後

新鎌ヶ谷前の駅舎の南側には、緑道予定地同様に大きな土地が存在しま北自由通路設置のために一部購入を検討しています。
北初富駅前広場はいまだ計画が完成していません。駅と交差点が近すぎて、交通の円滑性を損なうという問題があり、どこに広場を置くかが確定していないという状況です。新京成高架完成までに長い時間があったはずです。今後は迅速に駅前広場が完成することを願うばかりです。