news

【後援会ニュース】どう活用する、新鎌ケ谷駅南側の一等地

新鎌ケ谷駅南側の空き地

新京成鉄道が高架になり、新鎌ケ谷駅南側に大きな空き地が出現したことに、多くの方がお気づきになっていることと思います。
何人かの市民の方から「あそこに何ができるの」とのご質問を頂きましたが、使い道はまだ決まっていません。

この土地は千葉県が所有しています。
県から鎌ケ谷市に対し「市が活用するなら優先的に鎌ケ谷市に売却する」との提案がされていますが、これまでのところ市からは購入するとの意向は示されていません。
そのためこのまま推移すると、この土地は今後千葉県から民間に売却される見通しです。

私は、この新鎌ケ谷駅の南側の土地は、鎌ケ谷市の将来の発展に大きな影響を及ぼす、貴重な街づくりの財産だと考えています。
オフィスビルやショッピングセンター、シネコン、文化施設など、新鎌ケ谷の集客力を生かした、周辺から人が集まる施設の誘致(すなわち昼間人口を増やすための企業誘致)を、市として目指すべきではないでしょうか。
もしも民間に無条件に売却された場合、駅前マンションや宅地として開発されてしまうのではないか、との危惧を持っています。

鎌ケ谷市は、新鎌ケ谷駅から南側に出るための自由通路の整備計画は策定していますが、それ以外にこの土地の活用方針を示していません。
まずは、「鎌ケ谷市としては、ここは企業を誘致するための土地として活用したい」と、市としての街づくりの方針を明らかにし、土地の所有者である千葉県との交渉に臨んで欲しい。

現在新鎌ケ谷で営業しているイオンは、かつて鎌ケ谷市が一般公募をし誘致したものです。
はじめに市が商業施設の誘致の方針を示し、その上で土地の所有者を束ね、民間からの提案を募りイオンの誘致を決定しました。
新鎌ケ谷駅南側の土地についても、市がリーダーシップを発揮して県の協力を取り付け、未来の鎌ケ谷の顔になるような施設整備の実現を望みます。